レビトラや精力剤と相性のよい食事は?

EDの男性は脂肪の摂りすぎに注意する必要があるため、脂肪分の少ないメニューを心がけましょう。
無理なカロリー制限をすると苦痛になるので、野菜を沢山食べて満腹感を促します。
少ないカロリーで満腹感を得れば、脂肪の摂りすぎを防ぐことができます。
レビトラや精力剤を使用している方も、食事内容はヘルシー志向にしたいものです。
脂肪分はED治療薬の吸収率を悪くすることが知られており、レビトラは比較的影響を受けにくいですが、まったくのゼロではありません。
胃腸内で油膜が形成されることで、薬剤のスムーズな吸収を妨げてしまうのです。
その結果、本来の薬効を発揮できなくなり、勃起力が十分に強くならない、薬効が出るのに時間がかかる、といった状態になります。
精力剤に関してはさほど影響は受けませんが、脂肪分の多い食事自体が血流を悪くしてEDを促進します。
ED対策や治療をする方は、こってりした食事はなるべく控えるべきでしょう。

精力を高めるためには、亜鉛がたっぷりと含まれた牡蠣がおすすめです。
牡蠣を使用したメニューを増やし、肉類を減らして魚を増やすのです。
魚に含まれる不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにしてくれる油なのです。
動物性の脂を溶かす作用があるので、肉をよく食べる方ほど魚の摂取も増やす必要があるのです。
しかし、両者の食材を増やすとカロリーの摂りすぎになるため、肉を減らして魚を増やすのが好ましいわけです。

レビトラや精力剤はEDを軽減させてくれますが、これらに依存する考えではいけません。
食事内容を見直して血流をサラサラにして、EDを軽減させていきましょう。
血液が綺麗になるほどペニスも元気になり、興奮にダイレクトに反応して素早く勃起してくれるようになります。

ページトップへ